人をダメにするちょいブス|思わずハマる漫画!無料エロ画像とネタバレ

人をダメにするちょいブス

人をダメにするちょいブス|思わずハマる漫画!無料エロ画像とネタバレ

人をダメにするちょいブス~すぺしゃるじー/チンジャオ娘(著)。合コンに❤参加した主人公の拓巳は、女の子たちを酔わせ、ノリでお持ち帰りできればと考えていた。現実は甘くなく、隣に座っているのは、地味でブスな斎藤祥子。でもオッパイだけはデカかったので、ちょうど溜まっていた拓巳は試しに口説いてみることに…

人をダメにするちょいブスを楽しむあなたへ

人をダメにするちょいブス

無料立ち読みはこちら
人をダメにするちょいブス
顔40点、身体120点の彼女

人をダメにするちょいブス 公式あらすじ

顔は残念だけど身体がエロい女ってなんでこんな興奮するんだ

大学の友人に誘われて参加した合コンで、無理やり組まされたのは顔40点とでも言うべき地味女。

しかしよく見ればなかなか良いオッパイをしていて…

溜まっていた俺は試しに口説いてみることに。

そしたら男性経験が無いためか、いとも簡単にラブホへお持ち帰りできてしまい…

脱がせてみれば思った以上の巨乳で抱き心地抜群!

まさに身体だけなら120点の女だった!

そしてせっかくだから付き合ってみれば、俺の言うことは何でも聞いて膣内出しやコスプレエッチだってし放題。

面倒くさいデートも不要で、ヤリたくなったら部屋に呼び出し即ハメ可能。

そんな扱いをしても怒るどころか甲斐甲斐しく料理や家事までしてくれて…

ちょっと顔に妥協するだけでこんな都合の良い女とヤれるなら、もう努力なんて馬鹿らしくてできないよな?


人をダメにするちょいブス

無料立ち読みはこちら
人をダメにするちょいブス


作品情報

◆作品名:人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~

◆作者:すぺしゃるじー/チンジャオ娘(

◆動作環境:スマートフォン・タブレット、WindowsPC

◆配信数:7話配信中

◆ポイント:86pt


会員にならなくてもサンプルが無料で読み放題です。

ただし続きが読みたい場合には、別途の月額会員に登録します。

ポイントが付与されますので、ポイントと交換で本編を購入しお読み下さい。

人をダメにするちょいブス~ネタバレ

主人公の拓巳は、大学の友人に誘われて合コンに参加します。

女の子たちは皆んな可愛くスタイル抜群で、男子からはかなりの好感度。

「可愛いな…参加して良かったっ」

可愛い女の子たちを目の前にして、拓巳自身も参加して良かったと実感します。

女の子たちを酔わせ、ノリでお持ち帰りできればと意気込んで参加した拓巳でした。

しかし、現実は甘くなく…

拓巳の隣に座っているのは、地味でブスな斎藤祥子という女子。

余り物同士で組まされてしまったのです。

でもオッパイだけはデカかったので、ちょうど溜まっていた拓巳は試しに口説いてみることに…

男性経験の無い祥子はいとも簡単に落ち、そのままラブホへ直行出来てしまいます。

「た…拓巳さ…」

そして脱がせてみたら、思った以上の巨乳とボリュームある身体で抱き心地抜群!

顔は40点、でも身体は120点女だったのです。

せっかくなので付き合ってみる事にする拓巳。

祥子は拓巳の言う事を何でも聞き、膣内出しやAVのようなコスプレエッチもヤらせてくれる都合の良い女でした。

「裸エプロンでセッ●スとか…ヤらせてくれる女がリアルにいるとはなあ〜…」

ヤりたくなったらいつでも部屋に呼び出して即ハメ出来る…

面倒なデートも不要で甲斐甲斐しく家事や料理までしてくれる…

こんな扱いをされても怒る事も無い…

ちょいブス顔に妥協すれば、こんなに都合の良い女とヤレると知った拓巳は…

人をダメにするちょいブス

無料立ち読みはこちら
人をダメにするちょいブス


人をダメにするちょいブス~感想

可愛い子をお持ち帰りしようと企んでいたのに、よりによってデブでブスな祥子をラブホへ連れ込むというストーリー展開が面白いです。

言う事を何でも聞いてくれ、AVのようなエッチもいつでもヤらせてくれるという男にとっては夢のようなシチュエーションが抜群。

リアルに描かれているエッチシーンは過激、ボリュームある女体の肉感も鮮明でドエロさが半端ない。

人をダメにするちょいブスは、B専の方やセフ●としての関係を求めている方などにもオススメ、刺激的なエロ漫画です。

人をダメにするちょいブス

無料立ち読みはこちら
人をダメにするちょいブス


拓巳と祥子を覗いてみる

合コンで知り合った短大生と一緒に帰ることになりました。

試しに口説いてみることに。

いとも簡単にむっちむち爆乳でちょいブスな顔40点の祥子とラブホへ。

卑猥な体を前にした拓巳は猫に鰹節状態。

ウブで処女ぽい顔立ちのちょいブスな祥子だが二つ返事でOK。

乳房はスタイルに合ったGカップの美巨乳でムラムラ全開。

早速、愛撫からの責めで照れながらも感じまくり。

乳首を強く弄り豊満な胸をしゃぶりつくと、声が気付かぬうちにあえぎ声に変わっていく。

人をダメにするちょいブス

「た…たくみさ…っ!」

やさしく太ももから下着の上へ指を転がす。

赤いTバックの上からちょっと擦っただけで濡れっぽい痴ナラを連発。

スタート時は恥じらっていたブスな祥子も、股間を弄られながらの濃密キスにスウィッチがセットされます。

ちょいブスな祥子、初めてのプレイにどきどきしながらもしっかり感じちゃってるみたいです!

「た…拓巳さん❤」

人をダメにするちょいブス

チンコが硬くなったところで…。

淫乱ちょいブスな祥子の身体120点のマ●コは穴が綺麗に開いてチンコを待ち受けています!

後ろから淫らな女尻にチンポが飲み込まれていく。

今までにない行為に胸キュンしながらもすごい愛撫へとアップし、タップリイッちゃってると思われます。

クリがとってもデカい地味でブスな斎藤祥子。

こんな素晴らしい潮吹きみたことないっす。

人をダメにするちょいブス

フェラは嫌いではありませんといいながら、視線は横目にチラチラとチンコを見ています。

ギンギンになった拓巳のモノを根元からバキュームフェラ❤で奉仕する。

ちょいブスな祥子の唾と舌をふんだんに使ったお●ェラテクニック。

卑猥な表情でぶっといチンポを一心不乱にしゃぶりついてくれます。

根元から先端までまとわり付くようなねっとりフ●ラに、拓巳は我慢限界!

根っからのド淫乱キャラで…。

ちょいブスな祥子は、随分エロチックでSEXが大好物な女の子です。

人をダメにするちょいブス

まったく最近の女子大生は…なんて思ってしまいますが、ここはもっと大胆になっていただきましょう!

祥子ともう1発ヤりたいと興奮する拓巳。

騎乗位で挿入しては激しく出し入れしちゃいマス。

眉間にしわを寄せて悶えまくり。

甘い声でアンアン喘ぐ。

汗だくで悶え無我夢中!

喘ぎ声が止まりません。

「拓巳…さん❤」

感じて喘いでイッちゃいます!

津々!

中出しされても笑顔ですっ!

ボディだけでも軽く3回はヌけちゃう逸材なんです。

ヌキ応え間違いなしの地味でブスな斎藤祥子はイチオシです。

人をダメにするちょいブス

過激なプレイで犯されまくる、地味でブスな身体120点の斎藤祥子をどうぞご覧ください。


人をダメにするちょいブス 3話ネタバレ

1回目のバックからの性交が終わって、ちょいブスな祥子のボディをじっくり観察した。


「こいつMっ気があるのか?」


そして、性格の割に結構スケベだってことが分かった。


もう一度やりたくなった…。


拓巳は祥子の両足をつかんで引き戻した。


今度は、祥子の両膝を深く折り曲げさせ、両方の足首を拓巳の肩に掛けさせて、女体をふたつに折り曲げる形で欲棒を女芯に押し当てる。


拓巳は女体を折り畳むようにして、ちょいブスな祥子の通路に欲棒を突き立てようとした。


強い抵抗が欲棒の先に感じられた。


その抵抗を押し破ると、欲棒はプスリと突き立つように狭い通路にすべり込んだ。


さっき処女喪失したばかりの通路は、左右の壁が癒着したようにぴったりとくっついていて、ひじょうに狭い感じがした。


その通路を押し開きながら拓巳は進んだ。


拓巳が体を預けると、ちょいブス祥子の腕は肘のところで折れ曲がり、胸と胸が密着した。

ようやく欲棒は根元まで進入した。

人をダメにするちょいブス


ちょいブスな祥子の女芯が震えながら締めつけてくるのが分かる。


拓巳はひと呼吸置いてから、ゆっくりと出没運動を始めた。


「拓巳さん…❤」


祥子の声を無視して出没運動を続ける。



祥子は相変わらず、

「たくみ…拓巳さん…❤」

と叫び続ける。


その叫び声も、時間の経過とともに、次第に弱々しい声になり、最後はつぶやきにかわり、ついには声が聞こえなくなった。


拓巳は祥子が黙ってしまったのをいいことに、出没運動の振幅を大きくし、スピードを速めた。


祥子はグッタリとなって、拓巳にゆさぶられるままになっている。


拓巳は激しく動いたために、やがて、爆発点に到達した。


「うっ ...」


小さく呻いて結合を最も深い状態にし、恥骨を祥子の恥骨のふくらみにしっかりと押しつけて、男のリキッドを膣内に噴射する。

人をダメにするちょいブス

リズミカルに噴射する男のリキッドを、祥子の通路は相変わらず震えながら締めつけ気味に受けとめた。


拓巳は放出のリズムがおさまっても、ちょいブス祥子ちゃんの中に入れたまま余韻を楽しんだ。


また、さっきまで処女だったことも忘れていた。


抜いた欲棒は処女の鮮血が薄く塗られていた。


通路の入口には、時計の文字盤の四時四十分の方角に、二カ所、亀裂ができていて、そこから 出血が続いていた。


祥子は両足を閉じるのも忘れて、女体を貫かれたままの形を取り続けている。


祥子の女芯は初めての結合と処女膜の亀裂と激しい出没運動のために、腫れ上がっていた。


それから二時間ほど拓巳はちょいブスの祥子ちゃんを抱き続けた。


そして終わった後は、欲望をお掃除フ●ラでキレイに舐めさせた。


顔以外は120点の女か…


今日は最高の一日になった!


「ありがとね、祥子ちゃん♥」

人をダメにするちょいブス

次は、もっと感じるはずだよ…

人をダメにするちょいブス
無料立ち読みはこちら